2014年、能装束のワークショプ

JAPN_CW_FLYER_1_650_321
能装束の内と外〜制作から着付けまでのワークショプ

日本の最高の染織品とされる能装束は、通常、舞台上か博物館で観賞する機会しかありませんが、ワークショップではさまざまな染織技法を実際に試し、装束の作りや種類を理解し、装束の着付けを能楽堂において実体験できる貴重な機会です。

ワークショップの前半はモニカ・ベーテの指導により京都において、織、刺繍、箔、修復の工房をたずね、能装束の基本的な製作の技法について講義と実習から学びます。また能装束の種類や歴史的な発展についても考察します。ワークショップの後半は福山市の大島能楽堂(喜多流)で行い、申し合わせでの楽屋における着付けや能の公演を鑑賞し、最後は大島家の能楽師(玄人)より装束の着付けを習い、実際に着付けの練習をします。
すでに能の知識や経験がある人、染織に関心のある人、舞台藝能に携わる人、新作の為に装束を制作したい人など、いろいろな専門分野の方のためのワークショップですが、能楽や染織に関して初心者の方も受講が可能です。

講師紹介:モニカ・ベーテ 中世日本研究所所長。能楽、染織研究の第一人者。能楽及び染織に関する論文など著書多数。

主催者 Theatre Nohgaku, 大島能楽堂

場 所
京都:中世日本研究所(京都市上京区寺町通今出川上る鶴山町)
福山:大島能楽堂(広島県福山市光南町)

日 程 
2014年6月11日〜17日
京都:研修11~13日
福山:申し合わせや能公演14~15日、着付け練習16~17日

参加費
10万円 (講義、公演、見学、材料、資料代を含む) 旅費・滞在費は各自負担。
* 申込及び参加費払込締切 4月30日
* 京都のみの参加も可(6月11日〜13日、参加費3万8千円)
(申込、振込先など詳細はいづれかの問合せ先へご連絡ください)

言 語 英語/日本語
問合せ:Theatre Nohgaku
中世日本研究所: Tel/Fax. 075-212-1206

ここの予約ください:

 

Advertisements

About Theatre Nohgaku

Noh, one of the oldest continuing stage arts, combines highly stylized dance, chant, music, mask and costume with intense inner concentration and physical discipline, creating a uniquely powerful theatrical experience. Theatre Nohgaku’s mission is to share noh’s beauty and power with English speaking audiences and performers. We have found that this traditional form retains its dramatic effectiveness in languages other than Japanese. We believe noh techniques hold a powerful means of expression in the context of contemporary English language theatre.
This entry was posted in Workshops and tagged , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s